英語を使う仕事を選ぶなら

国際化が進む現在、外資系の会社も数多く存在していますので、

就職する際に英会話の能力を求められることも増えてきているようです。

また、派遣でも外資系会社への紹介が増えてきているようで、

就業の際に英会話のレベルチェックを求められることもあるそうです。

そこで、英会話のレベルチェックとはどのようなものなのでしょうか?

まず、英語力を証明するものとして、

英検やTOEIC、TOEFLなどがありますが、

現在はTOEICの点数がおもな判断基準となっているようです。

TOEICは合格不合格といった判定ではなく、 獲得した得点によってレベルが定められており、得点によって英語の能力が評価されます。

TOEICは、日本人がビジネスにおいて 英語のコミュニケーション能力を高めるために開発されたもので、 現在数多くの企業や団体、学校が採用しており、 人員採用や昇進・昇格の要件として活用されています。

また、英会話のレベルチェックには英語資格の他にも 電話でネイティブの方と会話をして英語が聞き取れるのか、 英語での応対ができるかのチェックや英作文を書かせる場合もあるようです。

企業が求めている英会話の能力も様々ですので、 可能であればどの程度の英会話力を求められているのか担当者に確認するとよいでしょう。

点数をどれだけ取ったというだけで、自分の希望する英語の仕事に就けるというものではありませんが、このあたりの自己投資というのは、やはり大切ですね。最近ではネイティブとのスカイプ英会話のサービスなども増えてきましたので、こういったものを利用するのも良いですね。

英語を使う仕事では見た目の「できる人」感も大事?


企業によっては見た目や態度を重視するところもあります。

化粧品ブランドやファッション関係の企業に就職をする場合には、太っているのは言語道断、見た目に気を配っていない時点でNGという考え方のところもあるようです。

ですので、見た目の印象が老けて見える、日本人でありながら体にムダ毛が多い事がコンプレックスになっている方などは、印象を良くするという意味と、自分自身に自信を持てるように!という意味を含めて、気になる部分のムダ毛の永久脱毛を考えてみるのもひとつの選択肢ですね。

 ハワイやラスベガスなどにある高級ブランドや化粧品のショップの店員さんというのは、本当にモデルや芸能人のように美しい人もいますよね。そう考えると、華やかな職種を希望するようであれば、自分の美容やルックスへの投資というのも立派なお金の使い方といえますね。

基本的に外資系で働く、海外への出張や滞在なども多い仕事という事になれば、それに合わせて日本の常識とは違った面での配慮が必要なシーンというのも、当然ですが出てきます。

外見に注意するという考え方には、海外での習慣やマナーへの配慮もするという心がけとつながっている部分があります。単にビジネス上で英語を話せるというところではなく、海外に出て恥ずかしくない国際人を目指すのであれば、これはとても重要な事です。

そういう意味では、英語の学習においては、自分が仕事をしたいと考えている国の私生活や商習慣などがわかるような海外ドラマを見るというのも、非常に役立ちます。今では、スマホで簡単に視聴する事ができる海外ドラマのサービスなども増えてきていますので、日頃見るテレビを、こういった海外ドラマに変えていくだけでも、英語力のトータルな向上が目指せます!